子どもの虫刺され

からだ王国

子どもの虫刺されは要注意

暑さが厳しくなると同時に子どもたちに襲い掛かる虫刺され被害。大人ならいろんな対処法が出来たり、我慢や予防も可能ですが、子どもは自分で行う事が難しいのが事実です。更に大人はそんなに刺されないのに子どもは多く刺されたり、刺されたところの症状も重かったりします。

今回は、虫刺されについての対処法や子どもがどうして刺されやすくまた悪化しやすいのかお話していきたいと思います。

虫刺されは、刺されない予防対策が大切

刺されたらすぐに洗って、症状に合った薬をすぐ塗り重症化を防ぐことが大切

虫刺されはアレルギー反応

「虫刺され」と良く表現されますが、これは一種のアレルギー反応です。その為、刺された回数によって起こる症状が異なります。子どもは、1~2日後にかゆみや発疹が出る遅延反応が起こる場合が多く、症状は赤く大きく腫れることが多いです。また、かゆみを我慢できないため、かきむしることにより傷ができ、ひどい場合は「とびひ」になることがありますので注意が必要です。

大人は子どもに比べて多く刺された経験がある為、蚊に刺されてもそこまで症状が出ないことが多いですが、子どもは刺された経験も少ない為身体が過剰に反応して症状を悪化させることがあります。成長と共に症状は落ち着いてくることが多いですが、子どもの場合は自己対処できないのでしっかりとママ・パパが予防や対処をしてあげましょう。

虫刺されは一種のアレルギー反応
刺された回数により身体の反応も変わる為刺された回数の少ない子どものほうが過剰に反応し症状が悪化しやすい

虫に刺されたら水で流してすぐに薬を塗る

一番多くの人を悩ませる虫刺されは「蚊」に刺されることと思います。蚊に刺された場合は、水ですぐに洗って薬を塗ることが大切です。その他にも蜂や毛虫などの虫刺されがありますが、それらは違った対処法になります。例えば、蜂の場合は水で洗ってから針を抜いて皮膚科に受診します。毛虫は、絆創膏などの粘着テープで毛を取ってから受診します。蜂や毛虫などは市販薬とは違う薬になるので必ず受診しましょう。

蚊に刺されたら、水で洗ってすぐに薬を塗る

蜂や毛虫などは特別な処置と薬が必要

虫刺されの市販薬について

虫刺されの市販薬も様々なものがあります。これらは症状によって適切な市販薬を選ぶ必要があります。また注意点もお話していきたいともいます。

かゆみがひどい時は抗ヒスタミン剤

かゆみがひどい時は抗ヒスタミン成分の入っている市販薬を使いましょう。抗ヒスタミン剤はかゆみを鎮める効果が強いものになりますので、お子さんが痒くてすぐに搔いてしまう時は、水道で洗った後すぐに抗ヒスタミンの入った薬を塗りましょう。

「ポリベビー」は植物油を使い、かゆみを鎮める抗ヒスタミン剤のジフェンヒドラミンに、患部の治りを助けるビタミンA、D2、酸化亜鉛、細菌の感染を防ぐ殺菌剤のトリクロロカルバニリドを配合しています。おむつかぶれやあせも、湿疹等にも使用できるので、赤ちゃんにとっておすすめの塗り薬です。

痒みだけでなく腫れや赤みが強い時は、ステロイド剤で早く治す

ステロイド剤を必要以上に避ける方もいますが、虫刺されの赤みや腫れのあるときにはステロイド入りの薬を使用することで、早く抑えることが出来ます。常用ではなくひどい時の応急処置として使い症状が落ち着いたら使用をやめることでとても良い効果が得られます。

私のおすすめはステロイド成分配合で貼るタイプの「マキロンパッチ」です。透明なのでママ・パパも使いやすく、お子さんには好きなキャラクターを描いてあげたりするととても喜んで貼ってくれたりはがすのを抑制できます。

大人用のクールタイプなども子どもに使っても良いですか??

メンソレータム入りなどを選ぶと染みて痛みを伴うことがあります。
また、大人向けのお薬は、子どもにとっては刺激が強いことがあります。子どもの場合は、「子ども用」を選ぶようにしましょう。迷った時は、薬局の薬剤師に確認してもらいましょう。

刺されないことが一番

いろんな対処法をお伝えしてきましたが、一番は刺されないことになります。虫に刺されないように長袖長ズボンなどで肌の露出を減らしたり虫よけを塗るなど対策が必要です。いくつか私のおすすめ商品をご紹介します。

メッシュ素材で通気性も抜群!虫が苦手な成分を配合したラッシュガード

こちらは小さな虫が嫌いなキク科の成分を人工的に再現し含ませています。70回洗濯をしても効果は変わらずの注目のラッシュガードです。

世界で良く用いられる虫よけ成分イカリジン配合虫よけ

やさしく、しっかりお肌を守るイカリジンは、日本の虫よけでは新虫よけ成分ですが、世界54ヵ国以上で採用されている成分です。お肌にやさしいので、お肌の弱い方やお子様のいる方など、薬剤を肌に直接つけることに抵抗があるために虫よけ対策をしていない方にもおすすめです。ヒアルロン酸Na配合で、お肌に優しく、イヤなニオイもないので、虫よけを塗るのを嫌がるお子様でも気持ち良く使えます。園でも使用していますが、子どもからはいい匂いと好評です。また、まだ短期間の使用ですが今のところ虫さされた子供はいないので私も注目しています。最大で効果が8時間持続し効き目成分量が従来品の3倍(*)含有した小さいお子様にも使えるお肌の虫よけミストです。

虫刺されは予防しながら刺された即対処

虫刺されは、アレルギー反応で子どもによっても反応が違います。特にアトピーなどの皮膚疾患がある子どもは症状が強くなることもあります。かゆみや熱で掻いてしまうとさらに菌が繁殖し化膿したり「とびひ」になる事もあります。すぐに刺された場合は対処して重症化を防ぐ必要があります。

まだ体温が高い子どものほうが蚊には刺されやすくなります。水分などを取ったり接触冷感素材などを活用したり、虫よけを塗るなどしてしっかりと予防もしましょう。

症状がひどい時は、皮膚科又はアレルギー科に受診して、薬をもらいましょう。常備薬にもなるので一度受診してみるのもおすすめです。

虫刺されは、刺されない予防対策が大切
刺されたらすぐに洗って、症状に合った薬をすぐ塗り重症化を防ぐことが大切