子どもの日焼け対策

からだ王国

子どもの日焼け対策は絶対に必要

熱い季節も時々増えてきました。まだまだ日焼け対策をしていない子どもたちも多く、突然の夏並みの快晴の下で遊んだら1日で真っ赤になってしまったなども出てくる時期です。以前は日焼け止めは、大人が肌の色を気にして塗っていましたが、今は化粧水よりもメジャーで、子どもから大人までしっかりと塗る必要があります。

今回は、子どもの肌のリスクや日焼け止め対策もお伝えしていきたいと思います。0歳児さんについては、「0歳児の紫外線ケアについて 日焼け止め必要ですか」でも紹介しているので合わせてみてみてください。

子どものころからの紫外線対策は、皮膚への害や目への害を減らすために必須であり、将来の健康被害を減らせる

子どもの日焼け止め対策は必須

紫外線は骨や歯の形成に欠かせないビタミンDの生成に必要ですし、地球上の生態系にも欠かせません。可視光線は体内のホルモンバランスを保つのに重要な光線です。しかし、近年の最高気温を見てわかるように昔より地球温暖化により紫外線は強くなっています。それに伴い、ビタミンDの生成に必要な紫外線量は手のひらに15分日光を浴びれば十分とも言われています。今の紫外線量は、一緒に浴びる紫外線の量を18歳までに浴びる状態だと言われています。

更に、紫外線は肌にダメージを与えるものとして思われていましたが、遺伝子も傷をつけるという事がわかるようになり、世界中で紫外線対策が行われるようになり、乳幼児期の子どもからの紫外線対策が必須になっています。

紫外線は肌だけでなく遺伝子も傷つける
その為乳幼児の子どもから紫外線対策は必須

紫外線は、皮膚や目に影響する

では、紫外線の害とはどんなことがあるのか詳しくお話していきたいと思います。

一つ目は、紫外線を浴びることにより表皮の細胞や、一部真皮の細胞の遺伝子に傷がつくことです。

子どもの皮膚は、大人に比べて未発達の為、紫外線に対しても対抗できません。皮膚は、一番目に見える部分に「皮脂膜」と言う部分があり、「皮脂膜」は皮脂と汗が混ざった天然のクリームです。次にあるのが「角質層」と言われる硬い壁です。これらによって紫外線を肌の大事な部分に通さないようにしたり、体内で作られる水分を外に出さないようしています。
子どもは生後3か月まではママのホルモンが多く残っている為皮脂が多くなっていますが、生後3か月を過ぎると急激に下がります。これが上がるのは、思春期頃になり、その後大人と同様のバリア機能になります。

二つ目は、目に与える影響です。紫外線は肌だけでなく、目にもあたることで目の病気のリスクが高まることがわかっています。

三つめ目は、一つ目と似ていますが将来の皮膚がんのリスクが高まることもあげられます。子どもの皮膚は、大人に比べて細胞分裂の回数が早くて多いため、遺伝情報のミスが生じ、長いときを経て疾患へとつながるといわれています。

これらの害の影響は、子どもの頃に紫外線を多く浴びた子どものほうが紫外線の害を大きく受けることがわかっており、乳幼児の子どもこそ紫外線対策が必要なのです。

紫外線は、表皮の細胞や、一部真皮の細胞の遺伝子を傷つける
紫外線は、目に害を与え白内障などのリスクを高める
紫外線は、皮膚がんのリスクを高める

子どもの紫外線対策

それでは、出来るだけ紫外線の害を減らす方法を紹介していきます。様々な方法がありますので、出来ることを併用して紫外線対策を行ってみてください。

日焼け止めを塗る

一番は日焼け止めを塗る事です。SPなどの表記がありますが、子どもの場合はSP30程度の物を使用し、重ね塗りや付け足しをしていきましょう。SP50など高いものは逆に日焼け止めによって肌を悪くしてしまうので控えましょう。おすすめを一つ紹介しておきます。

こちらの商品は、SPが30で、生後6か月以降であれば問題なく使用できる範囲です。こちらは、様々な紫外線に対応していることと、乳化剤を使用していないというところがおすすめです。

紫外線には様々なものがあります。ロングUVA。曇りの日でさえ降り注ぎ、窓ガラスをも通り抜ける「UVA」。「ロングUVA」は、肌の深部まで届くため、シワの加速に拍車をかけ、肌に深刻なダメージを及ぼします。近紫外線は日向などで暖かいと感じる紫外線です。その他にも目に見える青い光=ブルーライトなどもこちらはしっかりとカットしてくれます。

乳化剤は、本来肌表面にとどまるべき不要な成分まで浸透させてしまう恐れがあります。そこで、この商品は、天然保湿ゲルのみで、日焼け止め成分を分散。石油系界面活性剤はもとより、レシチンなどの天然乳化剤さえも不使用。紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方なので、石けんで手軽に落とせます。

遊ぶ時間は紫外線の強い10時から14時を避ける

紫外線が高い時間帯は10時から14時ごろと言われています。その為朝早い時間や夕方などでの外遊びが望ましくなっています。しかし、保育施設では主に10時から11時前後での戸外活動が多くなります。これはなかなか避けることが出来ないので、しっかりと家庭で日焼け止めを塗るなり、紫外線対策をしてあげましょう。

つばや首に日よけがある帽子の着用、紫外線除けの長袖

保育園では現在首に日よけがあるタイプの帽子の着用をしていることが多くなってきていますが、家庭でもつばが広い麦わら帽子のようなものや首に日よけのある帽子を着用することをおすすめします。更には、通気性の良く日よけ効果のあるウィンドブレーカーなどもおすすめです。いくつかおすすめ商品を紹介しておきます。

こちらの商品は紫外線遮断率が98%以上と高いのはもちろんですが、肌に優しいソフトウレタン素材で接触冷感にもなっています。気温が高い日は水で濡らして被ることで熱中症対策にもなります。首にかかる日よけフラップも大きく耳の横まで来るので頬に当たる紫外線も通常より防げると思います。

こちらの商品は、子どもから大人まで使える日よけ帽子になります。サイズ調整が可能だったり首紐もついているので風邪の強い日などもしっかりと被ることが出来ます。また、先ほどとは逆に撥水加工のある防止になりますので、雨や水遊びでも使用できます。つばの一部分には硬い芯が入っているの視界にかぶることなく使用できるのもメリットです。もちろん紫外線遮断率も99.8%と高く、家族全員でお揃いコーデもおすすめです。

こちらはメッシュ素材により紫外線を完全に遮断は出来ませんが、軽減することが出来、虫よけにも効果があります。最近は室内の冷房で冷えもありますので、薄手で速乾性の洋服、こちらはお出かけの際は1枚持っておいても良いと思います。

子どものころからの紫外線対策は将来の健康被害を減らすために必須

今回様々な紫外線の影響をお話していきました。それにより子どもからの紫外線対策の必要性も感じていただけたかと思います。

また日焼けをしてしまった際は、しっかりと冷やしてあげたり、日焼けは乾燥を招きますので保湿をいつも以上にしてあげましょう。

是非、無理のない紫外線対策をしながら暑い季節も戸外で楽しい思い出をたくさん作って頂けたらと思います。

子どものころからの紫外線対策は、皮膚への害や目への害を減らすために必須であり、将来の健康被害を減らせる