赤ちゃんのデリケートゾーンのお世話のお話

未分類

赤ちゃんのデリケートゾーンはお世話どうしてる?

赤ちゃんのママのお仕事で授乳と同じくらい多いのがおむつ替えではないでしょうか。初めての赤ちゃんのおむつ替えは、赤ちゃんに触れる力具合に緊張したり、着せ方もあってるか心配ですよね。

今日は、おむつ替えの際のデリケートゾーンのお世話や入浴の際のお世話についてお話をしていきたいと思います。特にママにとって男の子の赤ちゃんのデリケートゾーンのお世話は悩みの為でもあるので是非参考にしてください。

おむつ交換でおしっこは拭かない
お風呂でもデリケートゾーンに石鹸は必要なし

おむつ替えでデリケートゾーンは拭く?拭かない?

よくおむつ替えの際におしっこでも拭いたほうが良いですか。と聞かれることがありますが、おしっこの場合は基本拭かなくて大丈夫です。今はおむつの性能もかなり良くなり吸収性が良いので定期的なオムツ交換をしていれば拭く必要はありません。小児科や産婦人科、保育園でも基本拭いていません。

拭くことで逆に摩擦による肌ダメージが起こることもあるので、どうしても気になる場合は、水で流して余分な水分をポンポンと拭きとるくらいに阿するとよいかと思います。

女の子で拭くようになるのはトイレトレーニングの頃になります。

オムツ交換ではおしっこの際は拭く必要はない。
拭くことによって傷つけてしまう事もあるので、
拭く際は流して水分を拭きとるくらいにするとよい!

お風呂でのデリケートゾーンに石鹸はいる?いらない?

入浴の際に体と一緒にデリケートゾーンも洗うと思いますが、この時、デリケートゾーンも体と同じ石鹸や洗剤をつけて洗う方もいると思いますが、基本的には水洗いで大丈夫です。石鹸や洗剤を使う事で、デリケートゾーンが逆に刺激されしみてしまう事もあるので、定期的に入浴をして水洗いをしていれば石鹼や洗剤を使って洗浄する必要はありません。特に男の子は、皮の部分に石鹸が残ってしまって荒れてしまう事もある為、使った際はしっかりとすすぐ必要があります。こちらを考えると、しっかりと剥けるようになってから石鹼や洗剤を使うとよいと思います。

石鹸などは洗浄力が強く、使ったらしっかりすすぐ必要があるので使わなくて良い。

男の子のおちんちんのおはなし

男の子のおちんちんの洗い方で迷うママも多いと思います。そこで少し男の子のおちんちんのお話をしていきたいと思います。

日本人の赤ちゃんの男の子のうち、70%の赤ちゃんが包茎=おちんちんが皮をかぶった状態で生まれてきます。良く仮性包茎と言う言葉を聞きますが、仮性包茎は厳密には包茎ではありません。

赤ちゃんは成長と共におちんちんが大きくなり、おしっこの際や勃起した際には先がしっかりと出るようになっていきます。これは思春期までじっくり様子を見ても平気ともいわれていますが、思春期の心配を減らすために少しずつ剥くのが良いという考えの専門家もいます。

私としては、保育園やシッティングなどで見ているところから言うと、あえて剥く必要はないかと思います。お風呂の際に、あまり力を入れない感じで皮を引っ張りシャワーやお湯をかけて洗う中で少しずつ剥けて来ますし、2・3歳くらいになると自分でおちんちんが気になり触って遊ぶ子どもも多く、そうした中で自然に向けてくることが多いかと思います。

自分で触るようになってきたら、是非自分で剝くことを教えてあげながら自分のデリケートゾーンは自分で守れるように促してあげるとよいと思います。

日本人の赤ちゃんは、70%が包茎で生まれてきて
思春期までにほとんどの子が自然と排泄や勃起した時にしっかりと剥けるようになる。

お風呂の際に少し引っ張ったり自分でおちんちんを触って利することでも十分なのであえて剥く必要はない。

おちんちんはどこまで洗う

良くおちんちんに垢がたまって赤くなったり腫れたりするという話を聞いて、一生懸命洗うママがいます。

この垢は、ペニスの先と包皮の間に白くつくもので、確かにばい菌の温床になりやすいともいわれていますが、綺麗に落とす必要はありません。反対に、この垢がペニスと包皮の間にあることで勃起した際に向けやすくなっているという専門家やこの垢により中にばい菌が入らないという専門家もいます。

と言う事は、おちんちんの洗い方としては、軽く下に引っ張ってシャワーやお湯をかけて洗うだけで十分になります。逆にしっかりと向ける赤ちゃんに関しては、向いた後しっかりと戻すことが大切になります。

おちんちんは、軽く下に引っ張って剥けるとこまでを
シャワーやお湯で流せば大丈夫。
皮をむいた後はしっかりと戻しましょう。

デリケートゾーンはきれいにしすぎるのも良くない

ここまでのお話を聞いてデリケートゾーンのお世話の仕方の不安も少し減ってきたかと思います。デリケートな部分だからしっかり綺麗にしてあげたいという気持ちもわかりますが、ある程度の衛生的なオムツを履いて過ごしていて、定期的に入浴していれば、そこまで不衛生になることはありません。

逆に、綺麗に保とうと洗浄力の高いものを使ったりゴシゴシしたりすることで傷つけてしまい炎症を起こして男の子は亀頭炎になることもあります。

定期的に入浴をして水洗いをしたり、適宜きれ稲オムツに替えてあげることが一番です。

デリケートゾーンのお世話は
定期的なオムツ交換とお風呂で十分

おしっこの際は拭く必要はなく、お風呂でも水洗いで十分

未分類

Posted by Makana