赤ちゃんの就寝環境について。添い寝?ベビーベット?

うごき島,からだ王国

赤ちゃんの就寝環境に大切なもの

赤ちゃんの就寝環境についてみなさんはどんな風にお考えでしょうか。一緒に寝たいし、授乳が楽だから添い寝で寝る方法や赤ちゃんはベビーベットでしっかりと互いの睡眠を確保したいという方法もあります。

赤ちゃんの睡眠環境について、ここでは添い寝のメリットやデメリットのお話をしながら、赤ちゃんの就寝環境の安心安全の大切さをお話していきたいともいます。

添い寝は安心だけど安全確保が大切

赤ちゃんにとってママがそばにいることは何よりも安心できる環境であることは間違いありません。その他にも、授乳を楽に行うことが出来る大きなメリットもあります。しかし、安心やメリットがたとえあっても安全が脅かされてはなりません。

こういったリスクをしっかりと理解して安全対策を行う事が添い寝のメリットを最大限生かす就寝方法が一番だと言えます。

添い寝での危険と安全対策

それでは、添い寝をする際にどんな危険があるのかを見ていき、それに対してどんな安全対策があるかも確認していきたいと思います。

大人用の布団や一緒のベットでの添い寝は危険!

ママと同じベッドや布団で赤ちゃんと一緒に寝る添い寝、実はこれこそが「一番危険な添い寝」です。新生児期の赤ちゃんは、寝返りが打てませんし、寝返りが打てるようになった時、寝返りが打てるからこその危険が隠れています。

大人の掛け布団は赤ちゃんにはとても重たく、さらに大人と一緒に入ることで大人の体温がプラスされかなり厚い状態になり、汗っかきの赤ちゃんにとっては、とても苦しい環境となってしまいます。高温になることは突然死のリスクをあげる事にもなります。また知らぬ間に掛け布団が赤ちゃんの口や鼻にかかり、窒息の原因にもなりかねません。寝返りがまだ打てない赤ちゃんは、苦しい環境を自分で回避することができません。その為、口や鼻にかかってしまった際は苦しくてもどうしようもないので、赤ちゃんには赤ちゃん専用の掛け布団を使うようにしましょう。

赤ちゃんが成長し、次第に寝返りをうったり赤ちゃんも大分しっかり動けるようになっていきます。この時期は新生児の時とはまた違った危険が発生してきます。寝返りを打ち、いつの間にかベッドと壁のすき間や敷布団のすき間に挟まり窒息してしまったり、ベッドの足元の方に転がり転落してしまうなどの危険があります。このような事故も沢山報告されています。

子育て中のママは神経が敏感になっていて、寝ていても赤ちゃんのちょっとした様子に気が付くことが多いです。しかし睡眠不足続きでとても疲れていることも事実。深く眠り込んでしまうと、異変に気が付けないことだってあります。

睡眠中、ママはかなり繊細なアンテナを張り赤ちゃんの泣き声や変化を敏感に感じ取ります。しかし、出産の疲れや慣れない育児で疲労を貯まってくると、時に深い眠りに入ったり睡眠中に過剰に寝返りをするなど動いたりすることもあります。これらは起きている時と違い制御できません。そういった状態で赤ちゃんが隣にいたら赤ちゃんは寝返りで下敷きになったり、異変に気付いてもらえず布団が口や鼻にかかったままになってしまう事もあります。

このようにメリットだけでなく、添い寝にはたくさんの危険があることをしっかりと理解しましょう。

添い寝の危険
大人用の就寝環境による窒息や突然死
動けるようになったことによる転落
ママパパの熟睡による危険回避リスクの低下
ママパパの就寝行動による窒息

添い寝は出来ない?安全な添い寝の仕方

沢山の危険がある添い寝はでは出来ないのか。出来ない事はありません。新生児期=生後28日までは寝ている時間も長いので赤ちゃんだけの就寝環境を作ってあげても良いと思いますが、出来ない事はありませんので、これからお話をしていく添い寝環境を参考に取り入れてみてください。

同じベット同じ布団で寝るのが添い寝と考えるのはやめましょう。添い寝は、赤ちゃんとママが近くにいて、赤ちゃんの安心して眠れる環境があり一緒に眠る事。たとえベットは違くてもママが近くにいるだけで赤ちゃんは安心して眠りにつくことができます。赤ちゃんとママ、それぞれが安心して眠れるスペースをしっかり確保し、添い寝を実現するための安心で安全な方法をご紹介します。

大人ベットにベビーベットをくっつける

それぞれの就寝環境を確保した上で、大人のベットとベビーベットをくっつける方法が一番安全な添い寝になります。そうすることで、大人用は大人の安心できるベットや掛布団を使い、赤ちゃんには赤ちゃんに合ったマットや布団を使うことが出来ます。現在は、そういった環境を作れるベビーベットもたくさん作られているので、いくつか紹介していきたいともいます。

3通りの使い方が出来るファルスカ

【3通りの使い方が可能な長期使用できるベビーベット】
①添い寝ベッドとして

 ベッドの隣にぴったりくっつければ、赤ちゃんの様子をそばで見つめながら一緒におねんねできます。ベットにしっかりとくっつけるためのバンドもあり安全に使用できます。
②ベビーベッドとして
 通常のベビーベッドとして使用可能。足元にキャスターを装着できるのでベッドの移動もスムーズ。昼間は今に移動して日中の睡眠を家事をしながら見守ることも出来ます。
③ベビーサークルとして
 赤ちゃんが成長したら、ベッドの床板を外して、ベビーサークルとしても使用できます。ママの家事仕事中に近くにおいて、見守りながら赤ちゃんも安全な環境で遊ぶことが出来ます。

コンパクトに持ち運びなどもできるソイネ2

①寝ている間も横から見えるメッシュ窓!
こちらは再度にメッシュの窓があり、横からも赤ちゃんの様子を見ることが出来ます。もちろん占めることも可能です。
②6段階の高さ調整!
6段階の高さ調整が可能になり、移動した場所に合わせてソファーやベットキッチンなどそれぞれの環境に合わせた見やすい高さに調整できます。
③ドーム型のカヤ付き!
カヤがあることで蚊やほこり、エアコンの直風を防ぐことが出来ます。
④収納袋付きで持ち運び便利!
こちらは収納袋に畳んでしまう事ができ、里帰り出産や車での旅行の際に持ち運んでいつもの就寝環境を作ることが可能です。

ベビーベットを置くスペースがない時は、ファルスカコンパクトベットフィット

①ベビーベッド+布団セットがなくてもOK!
こちらは単体でベットの役割が出来、布団の形状に合わせたものが付いてきます。
②お世話でも大活躍の2役

就寝はもちろんですが、おむつ替えなどのお世話などの際にも大活躍です。
③いつも寝ているおねんねスペースをどこへでも持ち運べます。
ふたつに折りたたんで簡単に持ち運びが出来るので家庭内のどの場所でも、出かけ先でもいつも就寝環境を整えることが出来ます。
③季節に合せて調節可能な2way布団。
季節に合わせて布団も2種類用意があるので四季を通して使用できます。
④傾斜枕
傾斜枕が新しくつき状態を少し浮かせた姿勢を保つことが出来るようになりました。

ベビーベットはレンタルも可能!

赤ちゃんの就寝環境は成長と共に変わっていきます。ベビーベットは、家庭によっては大きくて赤ちゃんが動くようになったら立ってしまい危険で使えず、スペースを取るものになってしまう事もあります。

そんな時は是非レンタルサービスを使ってみるのも良いと思います。実際に家庭環境に取り入れてみることで合うところ合わないところも感じることが出来るので是非活用してみてください。

危険を知って安全対策をして添い寝を行おう

添い寝にはたくさんの危険もありましたが、それを理解した上でその危険を取り除く添い寝方法も知って頂けたと思います。

添い寝は、先ほど言った夜間の頻繁な授乳を楽にするメリットもありますが、近くで赤ちゃんのスヤスヤ寝る姿はママパパにとってとても癒しや愛着を感じる姿だと思います。そのひと時を沢山楽しんでほしいと私は思います。

赤ちゃんにとってもママパパにとっても素晴らしい睡眠が取れる就寝環境を目指して家庭に合った就寝環境を作ってみてください。

危険を知って安全を確保したら
赤ちゃんとの添い寝も楽しめる!
添い寝には授乳のメリットやママパパの癒しなど
メリットは沢山ある。