ハイハイはしなきゃいけない?しなくてもいい?

うごき島,からだ王国,きもち合衆国

ハイハイはしなくてもいいけど正しい知識を知って欲しい。

おすわりが出来るようになった赤ちゃんが次に成長する姿として代表的なのがハイハイかと思います。この時期の赤ちゃんがいるママパパは、ハイハイをしない赤ちゃんに不安を感じたり、ハイハイが上手にできない姿に不安を感じることが多いと思います。私自身もたくさんの赤ちゃんを見てきました。その中でもハイハイは良くママパパが心配しているのでハイハイの正しい知識をお伝えしています。その話を聞くことでほとんどのママパパは、不安がすごく軽くなったと言ってくれます。

そこで、より多くの皆さんの不安を少しでも軽くしたいと思い「ハイハイの正しい知識について」お話していきたいと思います。

ハイハイはしなくてもいいが、ハイハイには大きなメリットがある。

ハイハイをしない原因が環境にあることもある。

ハイハイはいつする始めるものか

赤ちゃんがハイハイし始めるの時期は、生後7~8か月が多いといわれています。ちょうど同じ時期にお座りもできるようになります。赤ちゃんは、お座りをする過程で、少しずつ自分の体を支えるバランス力を養い、運動神経や筋力もついてきます。それにより積極的に体を自分で動かすハイハイができるようになるわけです。

しかし、この時期にハイハイができなくても心配する必要はありません。赤ちゃんの成長は個人差が大きく、生後9ヶ月になってもハイハイしない子もいれば、ハイハイをしないでつかまり立ちをするようになる子もいます。ハイハイをしないからといって気にしすぎないようにしましょう。

ずりばいはハイハイと違う?

よくずりばいをずっとしている赤ちゃんがいます。ずりばいは、ハイハイとはちょっと違う動きで、うつぶせになって手足をずりずりと動かし、前に進む移動行動です。ずりばいは、ハイハイの前段階として見られる移動行動です。つまり、ずりばいをする赤ちゃんは、ハイハイが出来る準備が整ってきていることになります。

ずりばいの仕方も赤ちゃんによって様々です。ずりばいを始める頃は、お腹を中心にくるくると回ったり、後ろに進んでしまったりとまだまだコントロール出来ていない状態が見られます。少しずつ頭が上がるようになり、手足を上手に動かして前に進めるようになります。上半身だけ持ち上げて、肘を使って進む「ひじばい」などの動作に変化していく姿も見られます。

ずりばいには、ハイハイに必要な筋肉をつけるだけでなく、手足をバランスよく成長させたり脳を刺激して発達を促したりする効果もあります。ただし、ずりばいにも個人差があって、まったくずりばいをせずにハイハイをするようになる赤ちゃんもいれば、ずりばいからハイハイに進むのに長い時間がかかる赤ちゃんもいます。過剰に心配せず、それぞれの赤ちゃんの成長を見守ってあげましょう。

ハイハイをすることのメリット!

ハイハイをすることでどんなメリットがあるかについてお話します。

ハイハイをするという事は、赤ちゃんは手足をバランスよく使うことを覚えるという事です。例えば、大きくなって立つようになった時、手に何かを持って歩く時、自然と手足のバランスを取っています。そこで何かにつまずいた時、ハイハイをしている赤ちゃんはすぐに手が出たりして大きな怪我を防ぐことが出来ます。

一方で、ハイハイをしていない子は、転んだときに手が前に出なかったりするなどの姿が多く見られ、手足のバランスが習得できていないと考えられます。転んだときに手が出ないと、顔を強打してケガをしてしまうことも少なくありませんので、ハイハイをしている赤ちゃんの大きなメリットになります。

どうしてハイハイをしないのか?

ハイハイをしない赤ちゃんには様々な原因があります。それらには、発達において何らかの障害があることも考えられますが、今回はその点は除いてお話をしていきたいと思います。

お座りが多いとハイハイが遅れる?

最近の傾向として、赤ちゃんの首が座ると、比較的早い時期からお座りをさせることが増えているようです。確かに、赤ちゃんは目線が少し高くなりいろんなものが見えると楽しいので、お座りの姿勢が好きな赤ちゃんは多いです。授乳クッションや今話題の「バンボ」などの椅子を使えば、安全に安定したお座りの姿勢がキープできます。更には、お座りしている赤ちゃんの周りにおもちゃを置いておくことで一人遊びをしてくれる赤ちゃんもいると思います。忙しいママにとっては、家事の合間など大助かりなのは見なくてもわかります。

しかし、お座りの姿勢ばかりさせておくのは、問題があるとされています。お座りの状態で何の不自由もなく楽しく遊ぶことに慣れてしまうと、自ら動こうという意識が起こらなくなってしまうのです。それにより移動行動のずりばいやハイハイが遅れることもあるようです。

ずりばいからすぐつかまり立ちをする意外な原因

最近の家は美香氏の家みたいに広くはないので、家具などが何もない空間がほとんどありません。家の中で赤ちゃんの行動範囲となる部屋に、ソファーやテーブルなどの家具があるお家がほとんどだと思います。そして、そのことが赤ちゃんの成長過程に影響していると言われています。

ソファーやテーブルのようにつかまって立てるものが赤ちゃんのすぐそばにある環境では、ずりはいが少しできるようになると、赤ちゃんはすぐつかまりやすいものを見つけて、つかまり立ちをするようになります。移動する必要がなく、ハイハイをあまりすることなく、ずりはいからいきなりつかまり立ちへと移行してしまうのです。

移動しなければならない環境も赤ちゃんには大切です。

ハイハイ時期の過保護にも要注意!!

お座りができるようになり、お座りの楽しさを知ってしまうと、多くの赤ちゃんは、寝転んだ姿勢を嫌がるようになります。そして激しく泣きます。ママパパはその姿を見て、とても困ってしまい、お座りさせたりおんぶしてみたりすると思います。赤ちゃんを何とかして泣きやませようと、あの手この手と泣き止ませるために手を尽くします。しかし、こうしたママパパの対応がハイハイを身につける過程を奪っている場合もあるのです。

昔から「赤ちゃんは泣くのが仕事。泣かせておきなさい」と言われますが、自力で動く力を養う意味でも「泣いたら泣きやませる」ではなく「泣いた時こそ成長が見られる時」でもあるのです。

歩行器が原因でハイハイが苦手に?

赤ちゃんの歩行の練習として歩行器を使うママパパもいると思います。歩行器は、赤ちゃんにとってもママパパにとっても便利なものです。赤ちゃんにとっては、行きたいところに楽に行けるもので、ママにとっては、余計なところには手が届かず、転ぶ心配もないので安心です。

しかし、歩行器で楽に移動することを体験した赤ちゃんは、ハイハイをする必要性を感じなくなってしまう傾向があるいわれています。その為歩行器の使用は以前から注意を促されています。

絶対に使ってはいけないという事ではありません。しかし、歩行器を使う場合は、使う時間を短くすることを心がけましょう。不自由こそが赤ちゃんのやる気となり、身体機能の発達を促すことになるのです。

ハイハイでもずりばいでもないけど移動するあかちゃん

シャフリングベビーと言う言葉を知っていますか。シャフリングベビーとは、生後6ヶ月から1歳頃までの間に、ハイハイをせず座ったまま移動しようとしたり、立つのを嫌がったりする赤ちゃんのことをいいます。シャフリングベビーという言葉は、「shuffle=足を引きずって歩く」からきていて、お座りをしたままおしりを使って進む赤ちゃんの動きをいいます。座ったままで進むあかちゃんという意味で、日本では「いざりっ子」と呼ばれることもあります。

シャフリングベビーの主な特徴は、次のとおりです。首すわりやお座りは上手にできるが、うつぶせ寝が嫌いだったり、寝返りがゆっくりまたは苦手だったりします。ハイハイせず、座ったままおしりでズリズリと移動するが、立たせようとしても床に足をつけたがらない。兄弟姉妹や親の誰かがシャフリングベビーだったなどの特徴があります。

シャフリングベビーのほとんどが、1歳6〜9ヶ月頃までには歩き始め、その後は普通に成長していきます。赤ちゃんの個性の一つと考えてよいでしょう。

ハイハイにはメリットがきちんとあるが、赤ちゃんによって移動行動は様々。

今回ハイハイの正しい知識と共に、こんなにいろんな姿の赤ちゃんがいることもわかってもらえたと思います。

ハイハイをしないのは環境が原因になっていることもわかってもらえたら、まずはママパパがその環境を減らすことを考えて行動しながら赤ちゃんの移動行動を見守りましょう。

ハイハイはバランスを取る練習です。ハイハイが上手でないのは練習中だからです。心配せずに一緒にハイハイをしながら経験を沢山させて発達を楽しく促してあげましょう。

ハイハイは、手足のバランスを取る練習でたった際の怪我の防止にもつながる。

しかし、しなければいけないものでもないので、ハイハイの環境を整えながら赤ちゃんの成長を見守りましょう。