生後3か月の赤ちゃんってどんな姿?遊び方がわからない!

うごき島,からだ王国,ことば共和国

生後3か月の赤ちゃんは、自分の身体に初めて気づく!

生後3か月とタイトルにありますが、このころから個人差や経験差が出てくるので、月齢はあくまでも目安にしていただき、今日はこんなことをするような姿と言う生後3か月頃の姿も紹介していきます。

「あ!してるしてる!」と思ったママはこの時期の遊びを是非やってみてください。「うーん。まだあまりしてない。」と思ったら以前書いた「生後0ヵ月から生後2ヵ月の赤ちゃんってどんな姿?遊び方がわからない!」を見てみてください。おそらくそちらの姿に合っているかともいます。

生後3か月頃から赤ちゃんは、表情豊かになり声を出して笑う姿も増えてきます。そして体重も生まれた時の2倍近くになりだいぶ丈夫になってきていますので、是非沢山遊びましょう。

生後3か月からは沢山身体を動かしながら、
いろんなおもちゃに触れて遊ぼう!

パパママとは表情でコミュニケーション!

生後3か月は自分の身体をおもちゃにして遊ぶ!

この時期の赤ちゃんの特徴をいくつかご紹介します。是非参考にして、お子さんの遊びの発達を確かめてあげましょう。

目の前に自分の手を持ってきてじーっと見つめる行動です。
「ハンドリガード(Hand-regard)」

生後3か月頃の赤ちゃんが行うハンドリーガード
自分の手を見つめる赤ちゃん(ハンドリガード)

この時赤ちゃんは自分の手を見ていることに気づいていません。だんだんとこれは自分自身の手だと言うことに気づき、それが自分の意志で動かせるものと認識するまでの発達の過程であらわれる行動なんです。

そして、ここから赤ちゃんが自分の体を自分の意思で動かし始めるようにどんどん遊ぶようになってきます。

少しずつ首が座ってきて、足を動かしたり手を動かしたり両腕をぶんぶんしたり動きが激しくなる。
首が座ってくることで、赤ちゃんの動く歯芸しさも増してきます。それと同時に動くことで、赤ちゃんは沢山の運動能力や筋力をつけていきます。是非赤ちゃんが動きたい!と思える環境を作ってあげましょう。

生後3か月頃は、
ハンドリーガードをはじめ、
自分の足を持ったり舐めたり、腕をぶんぶん振ったりなど自分の身体で遊び始める!

生後3か月は、握って振って舐めて遊ぶ!

この時期の赤ちゃんは少しずつモノを認識して触ろうとします。モノを握ったら振ってみたり口に持って行って舐めようとします。視力が弱い分、モノを確かめる時は口にもっていき舐めて確かめることが多いのも特徴です。

口におもちゃをもっていって遊ぶ赤ちゃん
自分の手でおもちゃをもって口にもっていって遊ぶ赤ちゃん

しっかりと体の動きをコントロール出来ていないので、振ったはずみにおもちゃを落としてしまうこともあります。顔に当たることもあるので鋭利なものは避け安全なものを選びましょう。また絶対に口に入れてしまいます!!口に入れてもいいものを選んであげましょう。

生後3か月の赤ちゃんは、
おもちゃを持って振って舐めて遊ぶ!

生後3か月は表情を見て遊ぶ!

視力の発達によりママパパなどの表情を見て楽しむようになってきます。是非赤ちゃんの見やすい30センチ以内にママパパの顔を近づけて、あっぷっぷ―と変な顔やベロべろばーなどで赤ちゃんと遊びましょう。

生後3か月の赤ちゃんは、
ママ・パパのあっぷっぷ―やべろべろばーなど
表情遊びが大好き!

おすすめのふれあい遊び!

赤ちゃん自身も自分の身体を動かすのが好きなこの時期は、ふれあい遊びをたくさんしながら大人の力も少し加えて足を曲げたり揺らしたりしてあげて四肢の発達を促していきましょう。表情も豊かになりますので、是非楽しい歌に合わせて行ってあげましょう。

保育園でも大人気のふれあい遊び「ちくちくぞうきん」を紹介しますので是非やってみてください。

おすすめおもちゃ紹介!

ここでは、生後3か月頃の赤ちゃんに合ったおもちゃを紹介します。

生後3か月から長く使えるオーボール!

こちらはまだ掴む技術が未熟な生後3か月の赤ちゃんでもしっかりと指を引っ掛けることができるので握りやすく、顔に落ちても軽いので傷をつけることなく楽しく振って遊べるおもちゃです。ベビーカーでの移動中等もベビーカーにストラップでつけることが出来るのでお勧めです!

おすすめポイント

カラーはこの時期でしたら、白・黒・グレーの次に一番早く見えてくるレッドを私はお勧めします!

触りたいを刺激するアクティビティージム

スキップホップと言うメーカーはご存知の方も多いと思いますが、その時期にぴったりのジムを紹介します。

おすすめポイント

グレーは、この時期の赤ちゃんが見やすい色!
白・黒・グレーを一番初めに見える色なのでぜひ取り入れてあげよう!これだけでも反応が違います。
次の段階への促しが完璧!!
生後4か月から赤ちゃんの知的発達に良いといわれる、鏡も取り入れられており、鏡に興味を持つようになってきたらステップアップの時期と感じ取ることが出来ます。
使い方のバリエーションが豊富!
すべてのおもちゃや枕が取り外し可能!手に持たせてあげたり、ベビーカーに着けてあげて遊んだりメロディーおもちゃを持ち歩くこともできます。

月齢ではなく姿を見て反応を見て遊びを選ぶ!

月齢はよくいろんな場面で出てきますが、生後3ヵ月でも個人差や経験差があります。この時期の姿をイメージしながら、自分の子どもの本当月齢とは別で、遊びの月齢としてどんなことを楽しんでいるのか気づき遊びを楽しんであげましょう。

そうすることで、

赤ちゃんの反応に困るパパ

「遊んであげたいのに、反応がない…」「買ってあげたのに全然遊んでくれない…」なんてショックからも解消されると思います。

生後3か月からは、
赤ちゃんの姿や行動を見て好きな遊びが見えてくる!
発達に合った好きな遊びは、表情豊かに反応してくれます!

  

問いかけやおもちゃなどに笑顔で反応する赤ちゃん
笑顔で反応する赤ちゃん