赤ちゃんの便秘に綿棒浣腸!意外とやり方間違っている!!

からだ王国

赤ちゃんの便秘は苦しそうなら出してあげよう!

赤ちゃんの便秘は個人差があり、2日でない1週間でない等日数で決める事は出来ません。しかし、赤ちゃんが自分で初めからうんちが出来ると思うのも違うかもしれません。

人間もそうですが哺乳類の動物たちは赤ちゃんの排便を常に舐めたりすることで毎日促しています。なので人間も赤ちゃんの排便に対してもっとサポートしてあげても良いと思います。

おなかがはってくるしーうんちしたよ―たすけて―

こんな風に赤ちゃんが発していることも少なからずあると思います。しかし、それをすべて理解する事は出来ないので、是非今までの便のペースが乱れ、おなかが張ったりいて苦しそうだったり機嫌が悪い時がその赤ちゃんの便意の表れ=便秘気味という状態です。苦しそうならぜひ出してあげましょう!今日は綿棒浣腸についてお話していきます!

赤ちゃんは便の排出能力が未熟な為、
便秘になる前にママパパがサポートしてあげる!
綿棒浣腸は腸の刺激もなく癖にもならないので
おすすめです!

動物が赤ちゃんの肛門を舐めるように、人間は綿棒で刺激してあげる!

「よく綿棒浣腸は癖になりますか?」とママパパから聞かれることがありますが、綿棒浣腸は癖になることはありません。便秘解消には「のの字」マッサージやビフィズス菌などいろいろありますが、動物の赤ちゃんが肛門を舐めるのと一緒で綿棒浣腸での刺激が正しく行えば一番良いと思います。

赤ちゃんは生後2か月くらいまでは刺激によって排泄をしています。それが生後2か月くらいになるとある程度腸の中で作りためて力んで出すようなります。その頃の赤ちゃんでこんな顔を見たことはありませんか?

このころの赤ちゃんはまだ上手に力むことが出来ずに顔を真っ赤にしていたりすることが多いので、辛そうであればぜひ腹圧が上手にかけられるようになるまで綿棒浣腸などで助けてあげましょう。又は離乳食が始まったタイミングで腸内環境が変わるので便秘になる赤ちゃんもいます。

そこで水分不足なのか?便秘なのか?

水分不足の場合はおしっこの量が減りますので是非そちらで見てみてください。

便が出ず胃腸の中に貯まっていると便の水分が再度吸収されて便がコロコロの硬い便になってしまい次に出すときにとてもつらくなってしまいます。
今までのペースよりも3日位遅れた際は是非綿棒浣腸で出してあげましょう!

生後2か月までは刺激によって便が出る!

生後2か月以降はうんちを作って貯めて力んで出す!
でも、上手に力めないので助けてあげよう!

助けるのは3日位遅れたら綿棒浣腸でお助け!

綿棒浣腸って効果ある??

ママたちからもよく聞くようになった綿棒浣腸ですが、こんな話も多く聞かれているんです。

綿棒浣腸って効果ある?余りでなくない??

わかる!やってみたけど出なくてあきらめた。。

こんな会話も多く、ママたちに話を聞いてみるとやり方が違う事が多いんです!!なので、綿棒浣腸の正しいやり方とやって欲しくないことをお話していきます!

綿棒浣腸のやり方ポイント!

①綿棒浣腸の綿棒は大人用のを使う!!
赤ちゃん用の細い綿棒を使っている方がいますが綿棒浣腸の際は大人用のを使いましょう!

②綿棒と肛門はしっかりとオイルやローションで摩擦軽減!
綿棒の摩擦で逆に腸内を傷つけてしまう事があります。しっかりとオイルやローションで対処しましょう!

③綿棒の真ん中をもって肛門をつんつん!
綿棒の真ん中を持ちまずとツンツンと肛門を刺激して肛門が開いてくるのを待ちましょう。

④綿棒は出し入れだけをひたすら繰り返す!
綿棒は③持っている位置まで少しずつ出し入れしながら進めていく。それをひたすらゆっくり繰り返しましょう。

絶対に回さないで―!!腸の内部を傷つけてしまう事があります。
出血にもなりかねないので、綿棒は絶対に回さないようにしましょう!

⑤綿棒の先に少しずつ便の色がついてくる!初めはサラサラだんだんトロトロどろどろになったら便秘解消!
ひたすら出し入れを繰り返すことで、少しずつサラサラからどろどろになっていきます。どろどろになったらどばーっと出てくることがあるのでおむつなどでしっかりガードしましょう。早い子で1分、遅いと3分くらいかかる子どももいます。

綿棒浣腸は、イチジク浣腸と違って痛みがない!

イチジク浣腸を処方されたことのあるママパパもいると思いますが、イチジク浣腸は腸の粘膜を刺激するので痛みがあります。それに比べて綿棒浣腸は痛みがないので、便秘で苦しむ前に是非赤ちゃんの便をサポートしてあげましょう。

毎日お風呂上りに出してあげるなど、
便秘になる前にしっかりと便を出してあげる習慣として
綿棒浣腸は癖にならないので是非やってあげましょう!