赤ちゃんのウンチ!色で判断良い悪い!

からだ王国

赤ちゃんのウンチにはいろんな色か状態がある!

ママからの相談で、「うちの子便が緑っぽいんですけどだいじょうぶですか?」とよく聞かれることがあります。うんちと言うと大人はだいだい色や黄土色、茶色などを想像しますが、赤ちゃんお便にはいろんな色や状態があります。是非今回は、赤ちゃんのウンチで良いのかちょっと心配なのか判断できるようになって、少しでも不安が減ったらいいなと思います。

赤ちゃんにとってうんちは大人とは別物!
赤ちゃんのウンチは健康状態を知るために
大切なバロメーター!

良いうんちはどんな色?どんな状態?

うんちは食べたものの中で栄養が給され残ったカスのようなものです。なので、食べたものによってうんちも変わっていきます。それでは、新生児期から少しずつ良い便についてみていきましょう。

新生児期から生後4か月頃まで

新生児のころは主に母乳又は人工乳を飲んでいます。母乳の場合はやまぶき色のような黄色、ミルクの場合は薄めの黄色のウンチが出ることが多いです。ときどき緑色のウンチが出ることがありますが心配いりません。これは胆汁色素が腸内で酸化したためで、赤ちゃんの機嫌がよく、食欲があれば心配いりません。

消化機能が落ち着く生後3~4ヶ月ごろまでは、健康なウンチでも母乳とミルクによって違いが見られることがあります。母乳はミルクに比べて乳糖が多く含まれているので、緩めのウンチになりやすく、回数も多くなる傾向があります。色は黄色から茶色で、緑がかっていることもあります。甘酸っぱいにおいがするのも特徴です。

人工乳育児のウンチは母乳育児に比べると、多少かためで粘りけがあり、回数も少なめの傾向があります。色はクリーム色から緑色までさまざま。においは母乳ほど強くありません。混合の場合は、母乳とミルクの中間のウンチになります。

いずれも生後3ヶ月くらいまではゆるくて水っぽく、量も少なめです。排便が1日1回という赤ちゃんもいれば、10回以上の赤ちゃんもいます。

生後5か月から8ヶ月の赤ちゃん

離乳食が始まるとウンチももちろん変化します。色もにおいも少しずつ大人と近いものを食べるようになるので大人のものに近くなってきます。更に、離乳が進むとともに色はより茶色に、形状もかたまってきます。しかし、消化機能がまだ未熟なので、食べた物や体調によって状態も変化しますし、回数は変わりがちです。食べた物がそのまま出てきたりすることがあります。

生後9か月以降の赤ちゃん

離乳食が完了期近くなってくると、消化能力も高くなってきて、ウンチはさらに大人に近づきます。ウンチの量や回数もその子なりにだんだんと定まり、1日1~2回程度にその子のペースが決まってきます。とはいえ、食べる量や内容によってお腹の調子が変わりやすい子もまだ少なくありません。100%とは言えません。

気をつけたほうが良いうんちはどんな色?どんな形状?

今まで話した健康な便の色や状態に対して、気をつけたほうが良いうんちの色や形状をお話していきます。色としては、赤・黒・白の便は要注意です。細かく説明していきたいと思います。

赤いうんちは、出血の恐れ!

赤いうんちの赤色は血液である可能性が高いです。新生児のウンチに鮮血が混じっている場合は、消化管から出血する「新生児メレナ」の可能性があります。その他にもまれではありますが、腸に生まれつきの異常があり、そこから出血が起こっているケースもあります。

赤い便に粘膜のようなのが混ざっているような場合には、「細菌性腸炎」が疑われます。また、生後3~4ヶ月以降でイチゴジャムのような真っ赤な血便が出た時は、「腸重積症」の可能性が考えられます。

赤いウンチが出て10分間隔で繰り返し泣いたり嘔吐するなどの姿が見られる場合や下痢便に血が混じる場合は緊急で受診してください。

黒いうんちも出血のリスク!!

黒っぽくて粘り気があるウンチが出たら、赤くはないですが消化管のどこかから出血をしていることが心配されます。体の上の方で出血して、血液が胃酸などと混ざることでウンチ黒いタール状になります。ただし、よくある鼻血を飲み込みそれが混じった場合も黒っぽいウンチが出ますので、鼻血が最近出ていないかも確認しましょう。

もし、黒いウンチが出て、赤ちゃんがいつもの違ってぐったりと元気がない場合は、緊急で受診してください。

白いうんちは早期発見が大切!

生後一週間を過ぎておっぱいを飲めるようになっても便の色が黄色味がかった白っぽいウンチが出ている場合は、「胆道閉鎖症」が疑われます。

乳児で、お米のとぎ汁のような粒が少しでほとんど液体のような白いウンチが出たら、「ウイルス性胃腸炎」が疑われます。脱水症状や脳症を起こすおそれがある怖い病気のリスクもありますの、赤ちゃんがいつもと違って元気がない場合は受診してください。

病気を知ったら不安も和らぐ!

ここでは、先ほどお話した要注意のうんちで疑われる病気についてお話していきたいと思います!これを知ることで、怖さが和らいだというママパパも少なくないので是非知っておいてください。

新生児メレナは、現在ほとんどの赤ちゃんが予防対策を病院で行っている!

新生児メレナは、新生児期に起こる消化管から出血する病気です。生まれたばかりの赤ちゃんは、血液を固めるために必要かビタミンKが不足しがちであることがわかっています。これを、ビタミンK欠乏症と言います。

ビタミンK欠乏症は、生後3週間~2ヶ月で突然の頭蓋内出血で発症します。突然吐き出したり、意識がなくなり、痙攣がみられることもあります。とても重篤で治療しても後遺症を残すことが少なくありません。

現在これには予防が大切だという事がわかっており、ほとんどの赤ちゃんが、出生当日、産科退院時、1ヶ月健診時にそれぞれ2㎎(シロップ1ml)経口投与する、いわゆる“2・2・2方式”が普及しています。


また母乳の赤ちゃんはママがビタミンKをたくさん摂取すると、母乳中のビタミンKが増えることが知られています。ビタミンKは、納豆や緑黄色野菜などをとることが良いとされていますので、バランスよくこれらもとるようにしましょう。

ロタウイルスの予防接種の後は腸重積症に注意!

腸重積症は、腸の一部が何らかの原因で腸の中に潜り込んでしまう事を言います。生後6ヵ月から1歳くらいまでが起こりやすいといわれていますが、2歳で起こる赤ちゃんはいます。

特に気をつけたいのが、ロタウイルス予防接種後に、腸重積症になるお子さんがいます。

腸重積症になると顔色が急に青くなって激しく泣きだし、10~30分間隔で火がついたように泣いたり急に静かになったりする状態を繰り返します。しだいにその間隔が短くなり、ぐったりしてきます。嘔吐(おうと)を伴うこともあります。腸管にある細い血管が破れて血液が腸の中に入るため、便に血液と粘液が混じり、いちごジャムのような真っ赤な血便が出ることもあります。

対応が遅れると血行障害や壊死してしまう場合もありますので、異常を感じたら、すぐに受診することが大切です。

胆道閉鎖症は、便の色が早期発見に大切!

白い便でお話した、胆道閉鎖症は、肝臓から腸に胆汁を送る管である胆道が何らかの原因により塞がり、胆汁が十二指腸まで流れず、肝臓にたまってしまう病気です。女の子のほうが男の子より発症する確率が2倍あります。

胆道閉鎖症になると、新生児の生理的な黄疸の時期=生後2週間くらいを過ぎても黄疸が軽くならず、生後1ヶ月前後から緑がかった黄疸になっていきます。ウンチの色は薄く、クリーム色から白色になります。さらに症状が進むと肝臓が腫れて腹水がたまり、おなかがふくれ上がることもあります。

この病気も発見が遅れるとさらに症状が深刻になり、最悪の場合は死亡する恐れもありますので、すぐに受診しましょう。

冬に流行るウイルス性胃腸炎!

冬になると大流行する「ロタウイルス」「ノロウイルス」「アデノウイルス」などが胃腸に感染して起こる病気です。中でも多いのが「ロタウイルス」によるものです。

症状は嘔吐から始まり、しだいに下痢が見られ、発熱することもあります。酸っぱいにおいがする米のとぎ汁のような白っぽい水のような便が、1日に何回も出るのが特徴です。嘔吐と下痢のため体の水分が急激に失われるため脱水に注意が必要です。
しかし、ひどくなるとぐったりして水分を受けつけなくなったり、尿の出が悪くなった場合はすぐに点滴等での水分の補給が必要になりますので、すぐに小児科を受診します。

「ロタウイルス」に対しては予防接種があります。予防接種を受ければ高い確率で発症しない、または重症化を防ぐことができます。しかし、ロタウイルスの予防接種の1回目の接種時期は、期間が短いので、早めにかかりつけ医か小児科にお尋ねください。

便色カードやアプリ活用しよう!

胆道閉鎖症は新生児期~乳児期に起こる、原因不明の難病です。初期症状であるうんちの色の変化を見逃さないことが一番大切になります。しかし、胆道閉鎖症の認知度が低く、病気にかかる赤ちゃんの割合が減少しないことから、便色カードの配布の推進がされ、現在母子健康手帳に掲載されるようになってきました。
さらにNPO法人「ひまわり会」の「母子健康手帳アプリ」の中には、便の色を記録する機能があり、更に早期発見が進むような取り組みもされています。

赤ちゃんのうんちは健康のバロメーターです。色を日々チェックすることで、胆道閉鎖症以外にも、ノロウイルスやロタウイルスなどほかの病気が予測できる場合もあります。

低月齢の赤ちゃんの親はもちろん、妊娠中のママやプレパパも、母子健康手帳の便色カードやアプリをチェックしてみてください。

便色カードやアプリを活用しながら、
日々赤ちゃんのウンチをチェックして
変化には早めに気づけるようにしましょう!

受診の際のポイント!!

受診の際はお医者さんにウンチの状態を正確に伝えることが一番大切です。病気によっては検査のためにウンチが必要な場合もありますまで、スマホでウンチの写真を撮ったり、ウンチのついたおむつをビニール袋に入れて持って行くのがベストです。
その他にも以下のことを伝えられるようにしておきましょう。

・うんちの回数や量
・赤ちゃんの機嫌や食欲の様子
・発熱、嘔吐などほかの症状があるか
・おしっこの回数
・普段と違うものを食べたか
・抗菌薬の服用の有無

受診の際は便の様子が伝えられるようにしておく!
薬や食べたものなどの背景の把握と、
うんちの画像や実物も持って行こう!

話が出来ない赤ちゃんにとってうんちは大切なコミュニケーション!

話が出来ない赤ちゃんは体調の変化をなかなか伝えることが出来ません。しかし、うんちなどは、色や状態をしっかり見ることで読み取れることも多いのです。是非日頃から良いうんちを良く見て、「うん??」なんか違うという変化に気づくようにしましょう。

うんちは赤ちゃんの体調を発信する大切なバロメーター!
日頃から良く見て早く変化に気づこう!