赤ちゃんのスキンケア何がいい?無添加スキンケア用品はいいの?

からだ王国

赤ちゃんのスキンケア選びは慎重に!要注意の勘違いが多い!

赤ちゃんのスキンケアでお悩みのママたちに今日はどんなものを選んだらよいかお話していきたいと思います。
最近聞かれる、無添加やオーガニックと言う言葉など本当の意味をご存知ですか?ここでは、本来の意味を知っていただき、正しい判断をママ・パパが出来るようになってもらえたら嬉しいです。

今日は無添加に注目を当ててお話していきます!

保湿が大切な赤ちゃんには無添加はあまりよくない。
無添加スキンケア用品に肌に優しい等のメリットはない!
無添加は必要な物も入れていないことがある!

無添加」スキンケアで聞くワードってどんな意味?

『無添加』と書いてあるスキンケア用品に、あなたはどんなスキンケア用品を連想しますか?

『刺激のあるスキンケア成分を配合せずに、天然成分を配合した安全性の高いスキンケア用品』

このようなイメージではないでしょうか?

でも、実際は違います。無添加スキンケア用品は、必ずしも『安全』ではありません無添加の物を使っていて、お子様の乾燥肌対策がうまくいっていないなら、もしかすると、危険な無添加化粧品を使っているからかもしれません。その人の多くは、『無添加』は、添加物が配合されていないスキンケア用品だと思っているのではないでしょうか。

無添加ってどういう意味?

添加物とは、商品の安全性や防腐性を高めるために、配合される成分です。
スキンケア用品の場合、防腐剤、香料、着色料、界面活性剤などです。

添加物が一切配合されず、美容成分だけで作られたスキンケア用品を無添加スキンケア用品だと思っている人がいますが、これは大間違いです。添加物が一切配合されていない化粧品は存在しません

無添加とは、「添加されていない」つまり、「配合されていない」ということです。だから、『無添加スキンケア用品』とは、「特定の成分が配合されていないスキンケア用品」を指します。

例えば、以下のような化粧品です。

  • 香料が配合されていない「香料無添加化粧品」
  • 着色料が配合されていない「着色料無添加化粧品」
  • 防腐剤が配合されていない「防腐剤無添加化粧品」
  • 界面活性剤が配合されていない「界面活性剤無添加化粧品」
  • アルコールが配合されていない「アルコール無添加化粧品」

市販の無添加化スキンケア用品は、おおよそ上記のいずれか、もしくはすべてを配合していない化粧品となります。無添加化粧品に決まった定義はなく、化粧品メーカーによって異なる定義が存在するため、非常にあやふやなものだと言えます。

無添加のメリットはある?

無添加は特定の成分が入って異なものに使われます。よって、特定の物に対してアレルギーがある人はそれが無添加であればメリットがあります。しかし、現在多くのスキンケア用品が何が無添加か明確に表記していないのです。

もちろん、何の成分が配合されていない無添加スキンケア用品かをしっかりと表示しているスキンケア用品メーカーはあるものの、相変わらず無添加スキンケア用品とだけ宣伝しているメーカーもたくさんあります。

無添加のメリットをしっかりと把握するには以下の点をチェックしましょう。

スキンケア成分の何が無添加なのか?

なぜ、無添加にするのか?

無添加にすることによって、
どのような優れた効果が期待できるのか?

この3点を明確にして、わかりやすく誤解なく説明しており、その内容が納得できる無添加化粧品は、使う価値があるかもしれません。

保湿をしたい赤ちゃんには無添加は危険!

無添加スキンケア用品は、何が無添加なのかあいまいなところが多いです。特にその特定物質が防腐剤だった場合、そのスキンケア用品の安全な使用期限はとても短くなることもあります。

Makanaではベビーマッサージのレッスンをしていますが、ベビーマッサージでもオイルを使用します。このオイルも後で紹介しますが、オイルは酸化しやすく防腐剤が入っていないとすぐに劣化してしまいます。

このように必要な成分が入っていないことも多く、特別な物がないという事は特別良いものも入って稲と言う事もあるので、特化した保湿効果は得られないことがほとんどです。もし使用したい場合は、会社に何が入っていなくて、どんな保湿効果があるものが入っているか問い合わせてみるのもよいかと思います。

無添加は、
商品の品質を保つのに必要な添加物を除いていたりもする。

また、無添加=特化したものはないことも多く、保湿に特化した成分が入っているとは限らない。

無添加スキンケア用品は曖昧過ぎて赤ちゃんには不向き

「無添加」について知って頂いた今どのように思いますか、本当に使いたいものはしっかりと会社に聞けばより良い無添加のスキンケア用品に出会えるかもしれませんが、メーカーによっては全く無知のメーカーも存在します。是非、納得いく安全を見つけて使ってあげましょう。

無添加は、何が無添加かあいまいな為赤ちゃんには不向き!
使用する場合はメーカーに問い合わせるなどして
納得した安全を得て使用しましょう!