これもアレルギー!風船・ベビーオイルでアレルギー

2021年2月11日からだ王国,グルメ

アレルギーはいろんなもので起こる!

アレルギーと言うと食物や植物などを思い出すことがあります。今日はアレルギーの中でも珍しいアレルギー日ついてお話していきたいと思います。

風船でアレルギーを起こす子どもは
フルーツアレルギーの可能性!

ナッツを食べなくてもナッツオイルでアレルギー!

風船は何でアレルギーが起きる?

最近ではよく聞くようになった「ラテックスアレルギー」と言う言葉をご存知ですか?これは、ゴム製品によく使われている「ラテックス」と言うものになります。

この「ラテックス」は、天然ゴム製品、主に医療用品に多く使われています。例えば絆創膏やゴム手袋などにも多く含まれております。この「ラテックスアレルギー」は繰り返し使用することで起こるとされ、アナフィラキシーショックといった即時型アレルギー反応が現れることがあります。

子どもで問題になるのがゴム風船や保育現場でオムツ交換の際に使う手袋です。現在ほとんどの園でらってくるが使われていない製品を使うようになってきていると思いますが、注意が必要です。

そして、このラテックスアレルギーがあると、特定の果物によってアレルギー症状が起こることがあり、「ラテックス-フルーツ症候群」と呼ばれます。「ラテックス-フルーツ症候群」に関係する果物には、アボカド、バナナ、キウイ、パパイヤ、イチジク、メロン、マンゴーなどがあり、ラテックスに含まれるタンパク質と、これら果物に含まれるタンパク質の構造が似通っているために起こります。「ラテックス-フルーツ症候群」の主な原因となるタンパク質は、加熱や消化でも分解されにくく、食べないようにすることが基本となります。ラテックスアレルギーの可能性が出た際は気をつけましょう。

ラテックスアレルギーは繰り返し触れる事で起こる!
ラテックスアレルギーの人は果物でもアレルギーが起こる可能性がある!

フルーツでアレルギーを起こしたら完全除去が鉄則!

ナッツアレルギーはオイルにも注意!

最近ではピーナッツオイルやアーモンドオイルなどナッツを原料とするオイルが多く販売されています。食品やスキンケアなどにも多く見られますが、これを繰り返し摂取することでナッツアレルギーを発症する可能性があることがわかっています。

風味豊かな「ナッツオイル」で料理が格段にレベルアップ! | クックビズ総研

赤ちゃんのスキンケアには、ナッツオイルは控えたほうが良いかもしれません。特に肌トラブルの際は肌からのアレルギー物質の侵入がバリア機能が壊れて防げなくなりやすいので、使用を控えることをお勧めします。

イギリスではナッツアレルギーの発症が他国よりも他国よりも高いことがわかりました。しかし、イギリスは赤ちゃんにナッツを食べさせるお国柄であり、疑問が残りました。しかし、その時期に販売されたベビーオイルにナッツが使われていたことがわかり原因が判明しました。子のように繰り返し触れる事でアレルギーのリスクは高くなります。是非、防げるアレルギーは防ぎましょう。

ナッツアレルギーは、
ナッツオイルでも繰り返し使用することで起こる!

ナッツオイルの肌への使用は気を付け、
肌トラブルの際は控えたほうが良い。

アレルギーは疑いがあったら保育園に伝えましょう!

アレルギーは突然発症するものもあります。園では特定のアレルギー物質が多くならないようにしていることが多いですが、朝ご飯・昼ごはん・夜ごはんなど何らかの原因で多く摂取した際や体調が悪い時は症状が出やすくなります。

以前、私の担当する子どもが誕生日でバースデーのバルーンを注文しお祝いをしたそうです。しかし、その日にケーキの果物を食べたら全身に蕁麻疹と目に腫れが出て、ラテックスフルーツ症候群と判明しました。このように、風船で遊んだ際に何か痒がっていたり、フルーツを食べた際に口の中やのどを痒がることがあった際はすぐに食べるのをやめて、その事実を不確かでもいいので保育園に通われているお子さんは保育園にお伝えください。

アレルギーは疑いでもいいので、
可能性があれば保育園に伝えましょう!

どうでしたか?意外なアレルギーも多かったと思います。子どもの単なるいやいやの時もあるかとは思いますが、アレルギーによる体調の変化や違和感の時もあります。是非アレルギーのことを知って、使用の際は気を付けてみてあげましょう。