赤ちゃんの髪の毛!薄い!抜ける!むしる!心配事解消します!

からだ王国

赤ちゃんはみんな1歳までに髪の毛が抜ける!!

赤ちゃんを見てまず初めに目が行くのは顔!だと思います。その顔の印象に関わる髪の毛の悩みや心配事をよく聞きます。実は、私Makanaも髪の毛がとても薄く「お地蔵さん」お言われていました。しかし、幼児期にはそんな心配はなくなっていましたし、今もそこまで毛量では悩んでいません。今日は、赤ちゃんん時代の髪の毛の椎パイごとについてしっかりとお話していきます。

初めに、赤ちゃんの髪の毛についてのまとめを発表します。

・新生児の赤ちゃんの毛は産毛!
・赤ちゃんは1歳までにみんな1度髪の毛が抜ける!

生まれた時の赤ちゃんの髪の毛=産毛は、生後6か月までに抜けて生え変わる!

新生児から生後6か月頃までの赤ちゃんの柔らかい髪の毛は「産毛」です。この産毛の生え方にも個人差があり、はじめから産毛がふさふさと生えている子もいれば、ほとんど生えていない子もいます。そして、この産毛は生後6か月くらいまでに一度抜けて丈夫な髪の毛に生え変わります。

・産毛は、生後6か月までに丈夫な髪の毛に生え変わる!

部分的に!後頭部が薄くて心配!

赤ちゃんは、みんな産毛から丈夫な髪の毛になるために抜けます。抜ける際も少しずつ抜ける子どももいればあるとき突然一気に抜けたために一部が薄くなってしまう子もいます。

この生え変わりのタイミングで、前頭部から頭頂部までの毛根が一斉に休止期に入ることがあります。その際に沢山の髪の毛が抜けることがあります。これを「新生児期脱毛」と言われますが、次第に生え変わりますので心配しなくて大丈夫です。

そして仰向けで寝ていることが多い赤ちゃんは、3・4か月少しずつ首が座ってくると頭を動かすようになりその刺激によって擦れ抜けることもありますが、次第にうつ伏せや寝て過ごす時間は短くなり、髪の毛も丈夫になってくるので心配はありません。

・新生児期脱毛で、赤ちゃんは
前頭部から頭頂部までの髪の毛が抜ける!

・仰向けで寝ている赤ちゃんは、摩擦などにより髪の毛が抜けることがある!

赤ちゃんが髪の毛をむしるのはストレスが原因ですか??

赤ちゃんが自分の髪の毛をむしってしまう事があります。ママたちは何かストレスなのかしら?と心配になるかと思いますが、これはストレスではありません。赤ちゃんは、自分の体のことをほとんどわかっていません。それに、自分でまだ手でつかむ引っ張るなどもコントロールできる状態ではありません。では何でむしるのか。

恐らく2つの理由からかと思います。1つは癖!眠くなった時に頭をこする癖のある赤ちゃんはこすっているときに掌が開いたり閉じたりしてたまたまつかんで引っ張ってしまう行動。2つ目は、髪の毛への興味から触ろうとしている。生後3か月頃から赤ちゃんは目が少し発達し目で追うことが出来るようになると、自分の手や自分の髪の毛など自分の身体を認識せず興味の対象として盛んに舐めたり見たりします。その一つとして髪の毛も触ったり引っ張ったりします。

・赤ちゃんは癖や自分の髪の毛への興味で
引っ張ったりむしったりする姿が見られる!

赤ちゃんの髪の毛は、抜けて1歳まで丈夫な髪の毛に生え変わる!

赤ちゃんの髪の毛は、抜ける時期や生活習慣や発達による興味によって抜けることがあります。しかし、赤ちゃんの髪の毛は生後6か月までの新生児期脱毛を経て1歳までに丈夫な髪の毛に生え変わります。その後は、丈夫な髪の毛で摩擦で抜けたり、少々のしっぱりでは抜けず、すくすくと髪の毛育っていくかと思います。

・1歳までには丈夫な髪の毛に生え変わります!
丈夫な髪の毛は、摩擦や赤ちゃんの引っ張りでは
抜けません!
・髪の毛の心配はいりません。
・ストレスによる脱毛もありません。

どうでしたか、赤ちゃんの髪の毛を失敗していたママ・パパの気持ちが少しでもスーッとしてくれたら嬉しいです。是非、今の赤ちゃんの髪の毛の感触や可愛さを写真で撮ったり触ったりして可愛がってあげてください☆彡